雛人形着付師として黄綬褒章拝受 京雛・京人形の京都の老舗

安藤人形店/安藤桂甫facebook安藤人形店instagram
雛人形着付師として唯一 最高峰の技術を誇る

ホーム > 雛人形(ひな人形) > 雛人形の基礎知識・用語集 > お雛様(雛人形)の意味・お役目・役割

お雛様(雛人形)の意味・お役目・役割

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に言い伝えられる雛人形の意味

女の子が生まれると、お子様の健やかな成長と幸せを願い、その思いを込めてお雛様を飾り、毎年ひな祭りを行いお祝いします。

将来、幸せな結婚ができるようにと願いを込めたものであり、雛人形飾りは、結婚式の場面を表現したものでもあります。

おひなさまのお役目・役割

ひな祭りのイラスト

お嬢さまのご誕生は、神さまからご両親への贈りものです。どんなにその日を待ち望んでいらっしゃったことでしょう。

祖父母様やご両親からお嬢さまへの愛情を伝えるため、ひとつのかたちとして「おひな様」を「贈りもの」といたします。

その思いを受け継いだお嬢さまが大きくなったら、さらにその子どもたちへ思いを伝え、受け継がれていくものです。

ご両親や周囲の人達の愛情を幼いうちから子供さんの心の奥深い部分で育み、おひなさまから「ひなヂカラ」(人々に生きる希望や勇気を与える力)をもらっていただきたいと思っております。

おひなさまへの思いを込めた絵本を制作

雛人形のイラスト

お雛祭りを迎えられるお嬢さまと、そのご家族の幸せをお祈りして、雛人形作家としての安藤人形店の思いも込めて、絵本を制作しました。

おひなさまのお役目を通じて、それぞれの意味と込められた先人の思いをお伝えできましたら幸いです。

おひなさまに込められた思い、お役目と役割を理解し、綺麗に雛人形を飾って毎年おひな祭りを行い、お子様の成長をお祝いいただけたらと思います。

2014年11月7日刊行 読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」 詳しくはこちら

あんどうけいこ作 読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」についてはこちら

安藤人形店と雛人形について

京都で伝統を守りながら百有余年、お雛さまを作り続けております。ベルギー王室、タイ王室などの国へも御招待の栄に浴し、京都迎賓館にもお飾りさせていただきました。

安藤人形店のトップページへ戻る

雛人形が並ぶ店舗内

着付けをしている様子・手元

七段飾りが並ぶ店内

上記に掲載しております基礎知識・用語以外にも、雛人形について
不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
電話番号 075-231-7466
お気軽にお問い合わせください。

安藤人形店の”雛人形”一覧についてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
カタログ請求・お問い合わせ 安藤人形店の総合カタログ・雛人形カタログをお届けします 075-231-7466
このページの先頭へ
上に戻る