雛人形着付師として黄綬褒章拝受 京雛・京人形の京都の老舗

安藤人形店/安藤桂甫facebook安藤人形店instagram
歴史を学ぶ 雛人形の基礎知識・用語集
ホーム > 雛人形(ひな人形) > 雛人形の歴史と手作りでの分業制

雛人形の歴史と手作りでの分業制

このエントリーをはてなブックマークに追加

平安時代から続くお雛様の古い歴史

古くお雛様の歴史を辿ってみると、平安時代まで遡ります。その中でも一番賑っていのが、江戸時代の中期ともいわれています。

特に権力を誇る大名の輿入れの際に、嫁入り道具の一つとして、大変豪華なものが作られたそうです。その名残りとして、現在でも地方の美術館などを渡り歩くと、当時の古いお雛様を見かけることが多々あります。

ひな祭りの始まり・健やかに育つように願いを込める

雛は人の形代を取ったもので、昔は、親が子供の幸せを願い、子供の身代わりに疫や災いを乗せて水に流したものでした。そこから親たちが子供が少しでも健やかに育つように、幸せを掴めるようにと願って祭ったのがひな祭りの始まりでした。

現在では、江戸時代に賑っていたような嫁入り道具としてというよりも、女の子が生まれたときに、お祝いとして贈る場合が多いようです。

初節句(桃の節句)について詳しくはこちら

たくさんのお雛様の種類と地方の風習に合わせたひな祭り

お雛様といっても様々な種類があって、衣装着雛、立ちびな、豆びな、木目込びな等たくさんの種類があります。

また、行事としては「桃の節句」だけでなく、七夕に祭る七夕びなというものもあります。地方に行くと、それぞれの風習のもとに様々なひな祭りがあって、広島では男の子用の「雛天神」というものまであります。

手作業で分業制・最後の工程の着付師

雛人形の制作においては、頭師、織物師、小道具師、手足師、髪付師、着付師の6部門に分かれており、京の人形づくりは分業制になっています。そして、最後の工程となる全体の総仕上げをするのが、雛人形着付師なのです。

一般に人形師と呼ばれるのは、この雛人形着付師のことで、当店の安藤桂甫も最後の工程となる着付を担当しております。

腕織り

衣装・頭など素材への気配りは重要

特に安藤人形店の雛人形の衣装は、高級西陣織を基本とし、また龍村織という京都でも一流の裂地も使用しております。

頭には猪山作、健山作、翔山作の頭を使用しております。京都の頭はほっそりと書かれた眉に、切れ長の優しい目、上品な口もとが特徴で、優雅さをそなえた表情が魅力です。

職人の証「手折り」の作業

手折り行程は、手折り棒を巧みに使って、微妙な手の動きを出していく作業です。肩から肘のラインと、肘の曲がり方、そして肘から手の甲まで、その微妙な動きこそが職人の技であり、桂甫ならではの味をかもし出しています。

雛人形の全体のバランスや細かな部分などゆっくりご覧いただき、お雛様の良さをかみしめてください。

上記に掲載しております基礎知識・用語以外にも、雛人形について
不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
電話番号 075-231-7466
お気軽にお問い合わせください。

安藤人形店の”雛人形”一覧についてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
カタログ請求・お問い合わせ 安藤人形店の総合カタログ・雛人形カタログをお届けします 075-231-7466
このページの先頭へ
雛人形の基礎知識・用語集
動画 桂甫作 雛人形
京都発 モダンなお雛様
手作りオーダー雛人形
雛人形

お雛様 七段飾り

人気のお雛様

写真館(画像)

手作り雛人形 制作工程

よくある質問(雛人形編)

お雛様のお役目・役割

雛人形の選び方

雛人形の片付け方

還暦雛・還暦市松

マスコミ掲載記事(還暦雛)

五月人形

五月人形の豆知識

五月人形の用語集

よくある質問(五月人形編)

市松人形

その他の商品

特許取得 お客様のお顔からお雛様を作ります
安藤人形店について

安藤人形店の歴史

桂甫ご挨拶

黄綬褒章 拝受

現代の名工

保有資格と受賞歴

安藤桂甫プロフィール

安藤啓子プロフィール

展示のご案内

人形作り見学・体験

雛人形 制作風景

マスコミ掲載記事

日中友好雛

タイ国王に献上
安藤人形店がお雛様を日タイ修好120周年記念として、タイ国王に献上。動画をご覧頂けます。
雛人形コーディネーター三代目桂甫のおくさまブログ
読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」
桂甫作 安藤人形店 〒602-8034 京都市上京区油小路通丸太町上る TEL:075-231-7466 FAX:075-221-0583
携帯サイトQRコード
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫Facebookページ
桂甫作安藤人形店instagram
上に戻る