雛人形着付師として黄綬褒章拝受 京雛・京人形の京都の老舗

安藤人形店/安藤桂甫facebook安藤人形店instagram
雛人形の取り扱い 雛人形の基礎知識・用語集
ホーム > 雛人形(ひな人形) > 雛人形の基礎知識・用語集 > お雛様を飾る時期としまう時期

お雛様を飾る時期としまう時期

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ頃、お雛様を飾るといいですか?

初節句(初めて迎える三月三日、上巳の節句)をお祝いするために、一般的には、立春(節分の翌日)頃の春の日差しのおだやかなお日柄の佳き日に飾ります。

かわいいお子様のために、一月半ば過ぎの佳き日に飾られる方もいらっしゃいます。長くお飾りになり、お楽しみください。

京製三段飾り

いつ頃、お雛様をしまうといいですか?

三月三日「桃の節句」には必ず邪気を払う。

桃の花を飾り、皆様でお祝いをいたします。節句の本来の意味からは季節の節目で早めに片付けるのも良いでしょう。

昔から早く片付けないと、縁が遅くなると言われていますが、これは迷信です。

お雛様のためには、お天気の良い乾燥した日にお片づけください。

上記に掲載しております基礎知識・用語以外にも、雛人形について
不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
電話番号 075-231-7466
お気軽にお問い合わせください。

安藤人形店の”雛人形”一覧についてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
カタログ請求・お問い合わせ 安藤人形店の総合カタログ・雛人形カタログをお届けします 075-231-7466
このページの先頭へ
雛人形の基礎知識・用語集
動画 桂甫作 雛人形
京都発 モダンなお雛様
手作りオーダー雛人形
雛人形

お雛様 七段飾り

人気のお雛様

写真館(画像)

手作り雛人形 制作工程

よくある質問(雛人形編)

お雛様のお役目・役割

雛人形の選び方

雛人形の片付け方

還暦雛・還暦市松

マスコミ掲載記事(還暦雛)

五月人形

五月人形の豆知識

五月人形の用語集

よくある質問(五月人形編)

市松人形

その他の商品

特許取得 お客様のお顔からお雛様を作ります
安藤人形店について

安藤人形店の歴史

桂甫ご挨拶

黄綬褒章 拝受

現代の名工

保有資格と受賞歴

安藤桂甫プロフィール

安藤啓子プロフィール

展示のご案内

人形作り見学・体験

雛人形 制作風景

マスコミ掲載記事

日中友好雛

タイ国王に献上
安藤人形店がお雛様を日タイ修好120周年記念として、タイ国王に献上。動画をご覧頂けます。
雛人形コーディネーター三代目桂甫のおくさまブログ
読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」
桂甫作 安藤人形店 〒602-8034 京都市上京区油小路通丸太町上る TEL:075-231-7466 FAX:075-221-0583
携帯サイトQRコード
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫Facebookページ
桂甫作安藤人形店instagram
上に戻る