雛人形着付師として黄綬褒章拝受 京雛・京人形の京都の老舗

安藤人形店/安藤桂甫facebook安藤人形店instagram
知識を得る 雛人形の基礎知識・用語集
ホーム > 雛人形(ひな人形) > 雛人形の基礎知識・用語集 > 桂甫作安藤人形店の七段飾(官女・五人囃・随臣・仕丁

桂甫作安藤人形店の七段飾(官女・五人囃・随臣・仕丁

このエントリーをはてなブックマークに追加

京製七段飾り十五人揃

※クリックすると拡大画像をご覧頂けます。

  • 一段目・・・親王
  • 二段目・・・三人官女
  • 三段目・・・五人囃子
  • 四段目・・・随臣
  • 五段目・・・仕丁

七段飾りの意味・・・古来から七は縁起の良い数字とされており、雛壇飾りのうちでも上記の写真のような七段で構成されています。江戸時代以降の一般的な段飾りとしては最も壮麗な飾りで別名「十五人飾り」とも呼ばれます。

以下、七段飾りのそれぞれの人形の役割などをご説明します。

親王(男雛・女雛)

親王(男雛・女雛)

七段飾りの一番上は、内裏びなで、正式にはそれぞれ男雛(おびな)、女雛(めびな)と呼びます。姫は袴をはいて着物を何枚も重ねて上着・唐衣を着て、裳をつける通称十二単を着ています。

三人官女

三人官女

二番目は、内裏様に仕えてお世話をする侍女の三人官女で、お行儀や和歌・漢文のたしなみがあります。左右の女性が持つ銚子は今でも結婚式の三三九度で使われるものです。

五人囃子

五人囃子

三番目は、能楽の囃子方をかたどった子供姿の五人囃子(ごにんばやし)で、選りすぐりの美少年や秀才たちが集って楽器・謡などの腕前を披露しています。元気な子に育つようにと応援する音楽隊です。

随臣

随臣

四番目は、御殿を守る随臣(ずいじん)で右大臣・左大臣に分かれます。悪者が近寄らないように守ってくれるナイト役です。

仕丁

仕丁

五番目は、内裏様のお供をしたり、庭掃除など御所の雑用をする従者である仕丁(じちょう)です。それぞれ、泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸で知られる表情豊かな三人上戸は、表情豊かな子に育つようにという願いが込められています。

下に敷いている赤い布は緋毛氈(ひもうせん)で、緋色は魔よけの色を表し、子どもが健やかに育つようにという願いがあります。

その他の七段飾りの例

七段飾り

上記に掲載しております基礎知識・用語以外にも、雛人形について
不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
電話番号 075-231-7466
お気軽にお問い合わせください。

安藤人形店の”雛人形”一覧についてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
カタログ請求・お問い合わせ 安藤人形店の総合カタログ・雛人形カタログをお届けします 075-231-7466
このページの先頭へ
雛人形の基礎知識・用語集
動画 桂甫作 雛人形
京都発 モダンなお雛様
手作りオーダー雛人形
雛人形

お雛様 七段飾り

人気のお雛様

写真館(画像)

手作り雛人形 制作工程

よくある質問(雛人形編)

お雛様のお役目・役割

雛人形の選び方

雛人形の片付け方

還暦雛・還暦市松

マスコミ掲載記事(還暦雛)

五月人形

五月人形の豆知識

五月人形の用語集

よくある質問(五月人形編)

市松人形

その他の商品

特許取得 お客様のお顔からお雛様を作ります
安藤人形店について

安藤人形店の歴史

桂甫ご挨拶

黄綬褒章 拝受

現代の名工

保有資格と受賞歴

安藤桂甫プロフィール

安藤啓子プロフィール

展示のご案内

人形作り見学・体験

雛人形 制作風景

マスコミ掲載記事

日中友好雛

タイ国王に献上
安藤人形店がお雛様を日タイ修好120周年記念として、タイ国王に献上。動画をご覧頂けます。
雛人形コーディネーター三代目桂甫のおくさまブログ
読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」
桂甫作 安藤人形店 〒602-8034 京都市上京区油小路通丸太町上る TEL:075-231-7466 FAX:075-221-0583
携帯サイトQRコード
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫Facebookページ
桂甫作安藤人形店instagram
上に戻る