雛人形着付師として黄綬褒章拝受 京雛・京人形の京都の老舗

安藤人形店/安藤桂甫facebook安藤人形店instagram
歴史を学ぶ 雛人形の基礎知識・用語集
ホーム > 雛人形(ひな人形) > 雛人形の基礎知識・用語集 > 雛人形の起源と歴史・時代に応じた飾り

雛人形の起源と歴史・時代に応じた飾り

このエントリーをはてなブックマークに追加

雛人形の起源は、古く縄文時代の土偶や古墳時代の埴輪にまでさかのぼる事が出来ます。

これは、いづれも信仰の対象物として用いられた事がうかがわれます。

平安時代からの歴史

平安時代の人形(ひとかた)形氏(かたしろ)等、疫病を払う為、或は災厄の身代りを願うなど宗教的、神事的意味合いで作られたものであります。

時がたつにつれて人形(ひとかた)や形氏(かたしろ)を川に流してしまう風習がうすれて、其後は子供の誕生と共に枕元に置き幼児にふりかかる穢(けがれ)や災(わざわい)を移し守る天児(あまがつ)這子(ほうこ)が作られるようになりました。

室町時代・江戸時代からの歴史

室町時代には雛祭として白酒や餅を食べる楽しい行事とされており、江戸時代に入って雛祭が益々盛んになり、幼児の祓(おはらい)という意味も薄れ、女の子が美しく飾って喜んで遊ぶ風習となり、そのまま伝えられております。

お雛さまは女性の永遠の憧れ

黒地 有織(殿)梅華紋(姫)

今日、我国では、女の子が誕生するとそれを祝い、両親がその子のすこやかなる成長と幸福を願い贈るという習しがあります。

生後、最初に迎える”三月三日雛まつりの日”を初節句とし、両家の親、親戚等大勢の方に見ていただき、お料理でもてなし、祝の宴が催されるのです。

雛人形を飾り、子孫が増えたことを、皆々が喜び祝う。両家の繁栄を一重に願う日本人にとって大切な行事の一つです。

特にお雛さまは女性にとっていくつになっても永遠の憧れなのです。

上記に掲載しております基礎知識・用語以外にも、雛人形について
不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
電話番号 075-231-7466
お気軽にお問い合わせください。

安藤人形店の”雛人形”一覧についてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
カタログ請求・お問い合わせ 安藤人形店の総合カタログ・雛人形カタログをお届けします 075-231-7466
このページの先頭へ
雛人形の基礎知識・用語集
動画 桂甫作 雛人形
京都発 モダンなお雛様
手作りオーダー雛人形
雛人形

お雛様 七段飾り

人気のお雛様

写真館(画像)

手作り雛人形 制作工程

よくある質問(雛人形編)

お雛様のお役目・役割

雛人形の選び方

雛人形の片付け方

還暦雛・還暦市松

マスコミ掲載記事(還暦雛)

五月人形

五月人形の豆知識

五月人形の用語集

よくある質問(五月人形編)

市松人形

その他の商品

特許取得 お客様のお顔からお雛様を作ります
安藤人形店について

安藤人形店の歴史

桂甫ご挨拶

黄綬褒章 拝受

現代の名工

保有資格と受賞歴

安藤桂甫プロフィール

安藤啓子プロフィール

展示のご案内

人形作り見学・体験

雛人形 制作風景

マスコミ掲載記事

日中友好雛

タイ国王に献上
安藤人形店がお雛様を日タイ修好120周年記念として、タイ国王に献上。動画をご覧頂けます。
雛人形コーディネーター三代目桂甫のおくさまブログ
読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」
桂甫作 安藤人形店 〒602-8034 京都市上京区油小路通丸太町上る TEL:075-231-7466 FAX:075-221-0583
携帯サイトQRコード
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫Facebookページ
桂甫作安藤人形店instagram
上に戻る