雛人形着付師として黄綬褒章拝受 京雛・京人形の京都の老舗

安藤人形店/安藤桂甫facebook安藤人形店instagram
用語を知る 雛人形の基礎知識・用語集
ホーム > 雛人形(ひな人形) > 雛人形の基礎知識・用語集 > 京雛(京雛人形)は最高級ブランド

京雛(京雛人形)は最高級ブランド

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では平安時代以降、貴族の華やかな宮廷文化が開花しました。雛人形、御所人形、市松人形等、様々な人形が名工達の手によって生み出されました。

特に雛人形は日本の民族衣装(十二単のこと)の歴史の流れをふまえて細かい部分まで忠実に再現され、平安王朝の格式を現代に伝える芸術品として高評価されている為、人形の中でも最高級とされています。

中でも京雛(京都で作られた雛人形)は”特別ブランド京雛”として高価な物とされております。

京雛の特徴と最高級ブランドの理由

なぜ、京雛は特別ブランドとされ、日本人形の中で最高峰とされ、お高いのでしょうか。それはすべてが分業だからです。

京雛制作の分業体制

頭師・・・胡粉(貝がらを焼いて作った白い粉)で作る
髪付師・・・黒の100%シルクで髪を付ける
手足師・・・一年中、手と足を木を土台に胡粉を塗る
小道具師・・・少なくてもすべて手描き、手作り
着付師・・・すべての集大成(プロデュース)、命を与える役

おひなさま仕上げ

この職人達がそれぞれに京都に於て伝統工芸師以上の高度な技術をもち、又、すべてが特別に注文し、作らせたその品々を着付師安藤桂甫が集め、プロデュースし、総仕上げとし、人形に命を与える役目をしております。

裂地も布の事ですが、西陣で最高の金襴(金やプラチナが入った織物)100%シルクを人形用に小さく別に織らし、特別に作らせた布を衣装に着せております。

ですから、仕上がった雛人形が格調高く京都らしい優美さがうかがえるのです。専門職人の匠の技と、最高級の材質がハイコストにつながります。

安藤人形店の京雛の例 黄櫨染(殿)梅華紋(姫)

黄櫨染(殿)梅華紋(姫)

※クリックすると拡大画像をご覧頂けます。

上記に掲載しております基礎知識・用語以外にも、雛人形について
不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
電話番号 075-231-7466
お気軽にお問い合わせください。

安藤人形店の”雛人形”一覧についてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
カタログ請求・お問い合わせ 安藤人形店の総合カタログ・雛人形カタログをお届けします 075-231-7466
このページの先頭へ
雛人形の基礎知識・用語集
動画 桂甫作 雛人形
京都発 モダンなお雛様
手作りオーダー雛人形
雛人形

お雛様 七段飾り

人気のお雛様

写真館(画像)

手作り雛人形 制作工程

よくある質問(雛人形編)

お雛様のお役目・役割

雛人形の選び方

雛人形の片付け方

還暦雛・還暦市松

マスコミ掲載記事(還暦雛)

五月人形

五月人形の豆知識

五月人形の用語集

よくある質問(五月人形編)

市松人形

その他の商品

特許取得 お客様のお顔からお雛様を作ります
安藤人形店について

安藤人形店の歴史

桂甫ご挨拶

黄綬褒章 拝受

現代の名工

保有資格と受賞歴

安藤桂甫プロフィール

安藤啓子プロフィール

展示のご案内

人形作り見学・体験

雛人形 制作風景

マスコミ掲載記事

日中友好雛

タイ国王に献上
安藤人形店がお雛様を日タイ修好120周年記念として、タイ国王に献上。動画をご覧頂けます。
雛人形コーディネーター三代目桂甫のおくさまブログ
読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」
桂甫作 安藤人形店 〒602-8034 京都市上京区油小路通丸太町上る TEL:075-231-7466 FAX:075-221-0583
携帯サイトQRコード
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫Facebookページ
桂甫作安藤人形店instagram
上に戻る