雛人形着付師として黄綬褒章拝受 京雛・京人形の京都の老舗

安藤人形店/安藤桂甫facebook安藤人形店instagram
端午の節句の歴史
ホーム > 五月人形 鎧・兜 > 五月人形の用語集 > 端午の節句の歴史

端午の節句の歴史

古来から菖蒲が重んじられたのは、早春にいち早く芽を出す菖蒲に邪気を祓う強い力があると信じられていたからです。

平安時代には、菖蒲を五色の糸で結び邪気を祓うものとして儀式に使われていました。

武家政治の鎌倉時代になると「菖蒲」が「尚武」に通じるところから男子のたくましい成長と出世を祈願する祭礼へと変遷していきます。この時代から男子に兜や太刀を贈る習わしも根づいていきます。

江戸時代になると、端午の節句は幕府の重要な祭礼になります。大名や旗本たちは式服で江戸城に入り、将軍に祝いの言葉を述べました。

このような盛大な幕府の祭礼の影響を受けて、庶民の間でも端午の節句は大切な子供の通貨儀礼になっていったのです。

初節句と五月人形の起源について

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句が「初節句」で、男の子は五月五日の端午の節句を祝います。

端午の節句は、五月の端(はじめ)の牛(うま)の日に行われた古代中国の厄除けの行事がはじまりで、この時期に咲く「菖蒲」には、邪気を払う効果があると言われ、日本でも古くから菖蒲湯に入るなどの習慣がありました。

菖蒲は「尚武」や「勝負」と音が通じることから、武家社会になると鎧や甲を飾って祝うようになり、これが五月人形の起源となり、端午の節句は男の子の立派な成長を願うお祭りへと発展したのです

【参考】以下まとめて五節句という

  • 一月一日(江戸より一月七日)元旦 七草
  • 三月三日 上巳の節句 桃の花
  • 五月五日 端午の節句 菖蒲の花
  • 七月七日 七夕の節句 瓜
  • 九月九日 重陽の節句 菊の花
上記に掲載しております用語以外にも、雛人形・五月人形について
不明な用語がございましたらお問い合わせくださいませ。
電話番号 075-231-7466
お気軽にお問い合わせください。

安藤人形店の”五月人形”一覧についてはこちら

カタログ請求・お問い合わせ 安藤人形店の総合カタログ・雛人形カタログをお届けします 075-231-7466
このページの先頭へ
動画 桂甫作 雛人形
京都発 モダンなお雛様
手作りオーダー雛人形
雛人形

お雛様 七段飾り

人気のお雛様

写真館(画像)

手作り雛人形 制作工程

よくある質問(雛人形編)

お雛様のお役目・役割

雛人形の選び方

雛人形の片付け方

雛人形の基礎知識・用語集
還暦雛・還暦市松

マスコミ掲載記事(還暦雛)

五月人形

五月人形の豆知識

五月人形の用語集

よくある質問(五月人形編)

市松人形

その他の商品

特許取得 お客様のお顔からお雛様を作ります
安藤人形店について

安藤人形店の歴史

桂甫ご挨拶

黄綬褒章 拝受

現代の名工

保有資格と受賞歴

安藤桂甫プロフィール

安藤啓子プロフィール

展示のご案内

人形作り見学・体験

雛人形 制作風景

マスコミ掲載記事

日中友好雛

タイ国王に献上
安藤人形店がお雛様を日タイ修好120周年記念として、タイ国王に献上。動画をご覧頂けます。
雛人形コーディネーター三代目桂甫のおくさまブログ
読み聞かせ絵本「三月三日のおくりもの」
桂甫作 安藤人形店 〒602-8034 京都市上京区油小路通丸太町上る TEL:075-231-7466 FAX:075-221-0583
携帯サイトQRコード
桂甫作安藤人形店/安藤桂甫Facebookページ
桂甫作安藤人形店instagram
上に戻る